まいぺんらい

社畜からマッサージセラピストになりました

Lala Aasha(ララアーシャ)のヨガインストラクター養成コースの説明会に行ってきた

 

ヨガインストラクターの説明会に行ってみよう

 

 最近ホットヨガを始めてみて、ヨガに興味が出てきた今日この頃

本格的にインストラクターを目指そうとまでは思っていないけれど、少し気になったので、インストラクター養成講座の説明会に行ってみることに

 

 

f:id:bear14latte:20191222103640j:plain

Laka Aasha(ララアーシャ)池袋スタジオに到着!

色々と教えてくれるインストラクター養成コースのメイン講師でもあるMAI先生

 

めちゃくちゃ優しくて私の何でも質問に全部応えてくれた!!

 

 

Lala Aasha ララアーシャとは...?

 

f:id:bear14latte:20191222103622j:plain

(池袋スタジオにて撮影)

 

溶岩ヨガで有名なホットヨガスタジオ!

ミネラルやマイナスイオンを置く含む、鹿児島の桜島の溶岩を床に敷き詰めており、それを温めることにより遠赤外線を発生させている

ストーブではなく、ミネラルをたっぷり含む溶岩石を敷いた床で体の芯から温めるので、息苦しさがなく呼吸をたっぷりととれるのが特徴

 

溶岩ホットヨガは身体の内側から温めながら更に動いていくので、準備運動もそんなに時間をかけずとも柔軟性が高まりやすい

 

そのおかげで短時間で濃密なレッスンを受けることが出来る

 

 

東京都、神奈川県と首都圏に11店舗あり、今後店舗数もより増えていく予定だそう!

 

溶岩ホットヨガ体験もやっているので気になる方は詳しくはこちらから↓↓

 

 

 

ララアーシャのインストラクター養成講座の特徴

 

f:id:bear14latte:20191222103629j:plain

 

・少人数授業

・全米ヨガアライアンス認定RYT200の取得

・実践的なティーチングスタイル

 

 

①少人数授業

通常の養成講座などの人数は20人~40人のクラスであることがほとんどである中、12人の少人数制なのできめ細やかな授業を受けることが出来る!

 

②全米ヨガアライアンス認定RYT200

日本にはまだ全米ヨガアライアンスのカリキュラムを受けられる認定校が少なく、貴重なスクールでもある!

 

実践技術(100時間)、指導技術(25時間)、解剖学(20時間)、哲学(30時間)、練習(10時間) を満たしていること条件であり

ベーシックコース(TTC1)とアドバンスコース(TTC2)を受講することによってRYT200の資格を取得することが可能になるそう

ちなみにこの資格は世界的にスタンダードとも言える指導者ライセンスであり、国際ライセンスを取得するのと同等の評価を得ることが出来ることになる!

 

実技と座学を兼ね備えてじっくりとヨガを学ぶ時間が確保されている資格はそう多くはなく、日本でも一番知名度のあるヨガインストラクターの資格であるそう

他の資格に比べ信頼性が最も高く、特に大手のスタジオやスポーツクラブでの採用面においては「資格の有無」は重要視されているらしい

 

 

だがしかし、ヨガインストラクターとして資格をとることができるけれど、やはり教える経験がない状態だとなかなかすぐに雇ってもらうことは難しいそう...

 

ここで次の特徴が一番大事なこととなっている!

 

③実践的なティーチングスタイル

 

正直なところ、あくまでもしっかりと決められた時間数の授業を学びテストに合格すれば「資格を取得すること」はできる

ただ一番大切なのはそれからのことであり、インストラクターとして実際に誰かに教えていくこととなると、どんなに知識があったとしても上手く行くわけではない

 

やはり経験がとても大事になってくる...

 

そんな中でララアーシャの強みとしてはここかもしれない!

 

養成講座のそれぞれコースを受講することによって、ベーシックでは12回分、アドバンスでは48回分のレッスンチケットをもらうことができる

 

このレッスンチケットは、ララアーシャ全店舗のすべてのクラスを受けることが出来るのだ

色んなインストラクターの方のレッスンを受けに行き、レッスンの進め方や教え方、コミュニケーションの取り方など、実際の現場で生徒側として受けて学べる

 

また、養成講座のカリキュラムやレッスンのアシスタントボランティアをさせてもらうこともできるので、人に教えることの経験を積むことが出来る

 

実際にインストラクターとして働き始めたとしても、質問や疑問点などをすぐに聞くことができたりアフターフォローもしっかりとしているので安心

 

 

2つのカリキュラムが終了したあとは、ララアーシャのインストラクターとして働くことができるためのオーディションを受けられる

 

全体の8割ほどがオーディションを受けるが、ベーシックコースのみの受講や、ヨガの勉強を深めるための方もいるので選択は自由である

 

 

無事にオーディションに合格後はインストラクターとしてレッスンを受け持つことが出来るのだ!

 

 

 

コースの値段とカリキュラム内容

 

f:id:bear14latte:20191222103643j:plain

 

 

ヨガのレッスン未経験者でも可能で、指導資格の有無も関係なしに受講することが出来る! 

 

ヨガインストラクター実践養成コースTTC1(ベーシックコース)

・ヨガ初心者から学べる基本コース

全12回 218,000円(税別)

 

近日受講日程はこちら!!!

【14期】池袋スタジオ開催(全12回)

2020年2月20日(木)~2020年5月28日(木) 13:30-16:30(週1回)

 

全12回フリーレッスンチケット付き

※早割2020年2月6日(木)まで2万円割引 198,000円(税別)

 

ベーシックコースのカリキュラムでは通常の常温ヨガの基礎だけではなく、ホットヨガをやることにおいての基礎からしっかりと学ぶことが出来る(安全面で少し違ってくるそう)

 

アーサナ(ポーズ)だけではなく、ヨガ哲学や解剖学により時間を割き、更にはアロマテラピー研修も含まれている(レッスン内でアロマオイルを使ったクラスがあるため)

 

 

ヨガインストラクター実践養成コースTTC2(アドバンスコース)

・ベーシックコースとのセット申し込みで全米ヨガアライアンスRYT200取得可能

全14回 302,000円(税別)

 

日 時 2019年8月以降に開講予定 

全48回フリーチケット付き

※早割で1万円割引 292,000円(税別)

 

アドバンスコースのカリキュラム内容は、実はあえて出していないそう

実際にベーシックから進んできて集まっている人たちの進み具合によって臨機応変に教えていったりもするそうなので、基礎をベースにより深く学び教科書に頼り切らないスタイルがより知識を深められそう

更に、今後生徒さんとしっかりとコミュニケーションをとっていけるように、レッスン内で自分のことを話していってもらう時間をつくるようにしているそう

 

 

このコースは、20代(大学生)~50代(シニア世代)など幅広い世代の方が受けに来ている

OLとして働きつつ資格を取得し、平日の夜や土日に働いている人も多いそう

 

 特に最近では、第二の人生として、余裕が出来たので趣味で...などシニア世代が増えているそうなので、仲間内が出来るようにヨガを勉強しに来る人もいる

 

 

説明会や更に詳細などはこちらから↓↓↓

 

 

最後に...

 

f:id:bear14latte:20191222162201j:plain

 

 

この「全米ヨガアライアンス」まだ日本では認定校が少ないようだけれども、きっとこれから沢山の学校が増えてくるだろう

そうなるとどうしても飽和状態になってしまうだろうし、今以上に資格保持者の質がより求められてくるのではないかと思う

 

前述した通り、

「知識」

「人に教えること」

「コミュニケーション力」

を大事にしているのがとても伝わってきたので、今後よりよいインストラクターの人が育っていくのだろうな想像できる

もし自分がしっかりとヨガを勉強したいと思えるようになったら是非ここで学びたいと思った

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

宜しければ応援お願いします!